学校法人梅圃学園 認定こども園 梅圃幼稚園| 公式ホームページ|ばいほようちえん|福井県福井市|

qrcode.png
http://www.baiho.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
学校法人梅圃学園
認定こども園
梅圃幼稚園
〒918-8152
福井県福井市今市町46-23
TEL:0776-38-5811
FAX:0776-38-6812

──────────────────
457163
 

スタッフブログ

   
『スタッフブログ』のページでは

園の様子や子どものエピソード、まことの保育って何かな?等々

フレッシュな視点でレポートします
 

スタッフブログ

スタッフブログ
フォーム
 
5歳児 ~年賀状を投函しに行きました~
2020-12-28
年長さんが、自分達で作った年賀状を投函しに行きました。
 
お出かけの前には、年賀状が、どのように届ける人の元に配達されるのかのお話を聞きました。ポストに入った後、郵便屋さんが取りに来て郵便局に配送されます。集まったたくさんの年賀状を仕分けし、また郵便屋さんが、各お家に届けにいきます。子ども達は「ふんふん」と頷いていました
 
ポストのある場所までは、バスで出かけました。バスの中では、ポストは何色かな?や、ポストには口がひとつのと、ふたつあるものがあって、今日入れるポストは口がひとつのだよ、といったお話をしていました。自分の知っていることを思いだしたり、気がついたことをお友達に伝えたりする姿がみられました。また、ポストに年賀状を入れる時にはなんていおうかなと、言葉も考えていました。
 
ポストには、一人ずつ年賀状を投函しました。「ちゃんと届いてね。」「お願いします!」と、年賀状を大事にポストに入れるお友達でした。新年、手作りの年賀状を受け取った大切な人のお顔が楽しみですね。
 
報恩講のお参りをしました。
2020-12-28
梅圃幼稚園は、浄土真宗本願寺派お西のお寺の幼稚園です。
その宗祖の親鸞聖人のご命日は、弘長2年11月28日(旧暦)であり、これは、現在の暦では1263年1月16日にあたります。京都にあります西本願寺では、毎年1月9日から16日まで御正忌報恩講のお勤めがされています。
 
今年度、12月15日に子ども達と一緒に報恩講のお参りをすることができました。
 
各学年でお仏間に行き、仏様にお参りをした後、園長先生のお話をお聞きしました。
 
親鸞聖人が生まれた時は、食べ物がなかったり、人が人を憎しみ戦いが絶えなかったり、とても厳しい時代でした。親鸞聖人は、どうしたら人々が幸せに暮らせるかを考えるため、比叡山で約20年の修行をしました。しかし、たくさんの辛い修行をしてもその問は解決できなかったので、山を降りて法然上人のもとで学びました。「南無阿弥陀仏」と手を合わせる称名念仏の教えに出会い、世に広めていきました。「ありがとう」「おかげさま」と互いに手を合わせ生きる、安穏な世の中のために尽力された親鸞聖人。報恩講は、親鸞聖人のお話を聞き、子ども達一人ひとりが大切な存在であること、ありがとう・おかげさまの心を味わうことを大切にしています。今年も皆でお参りができてとても嬉しく思いました。
 
お参りをした後は、里芋の入ったおぜんざいを頂きました。これは、園長先生のお寺でも、報恩講の時のお斎で出ているものです。おぜんざいは、親鸞聖人が小豆がお好きだったことに由来しています。甘くてほっこりするおぜんざい、美味しかったですね
 
4歳児 ~年賀状を作りました~
2020-12-28
ある日、年中さんのクラスに真っ白な牛さんが遊びにきました。
でも何だか元気がありません。そこで牛さんの体に点々と模様をつけると、元気になりました
お友達がほしい牛さん、子ども達と一緒に牛作りをすることにしました。
 
まず発泡スチロールのトレイを好きな形に切り、スタンプを作りました。それを折り紙に押すと牛の模様のできあがり!その折り紙を使って、牛さんの顔の形に折りました。「〇〇ちゃんは何年?」「先生は?」と、干支の話をしながら、製作を楽しみました。色んな模様の牛さんがいる素敵な年賀状ができました。
 
出来上がった年賀状は、図書コーナーにあるポストに入れました。思いを込めて作った年賀状、新年に届くのをお楽しみに
 
1歳児  ~おはなしのくにで遊んだよ~
2020-12-28
作品展に向かっての活動で、3歳児さんから5歳児さんがたてわりグループになり
“ようこそ!おはなしのくに”をテーマに、お話の世界を、段ボールや廃品を使って製作していました。
その楽しそうな様子を、お散歩をしながらずっと見ていました。
 
そして作品展が終わると、さくら組さんも“おはなしのくに”で思いっきり遊びました
「浦島太郎」のかめにみんなで乗ってみると、乗り心地はバツグンで、みんなで動かしてかめさんをつなげてみました。
ジャンプもできて楽しく、何回もかめさんに乗ったね
また「おむすびころりん」の山には、全身を使ってよじ登り、上から何回も滑っていました。
すべり台より角度があってスリリングなのが面白く、寝転がったり、うつ伏せになって楽しみましたよ。
何回も滑るのを重ねていくと、最後には下から上へ登る遊びも発見しました。
 
お兄さんやお姉さんが楽しく活動する様子を間近で見たり、力を合わせて作った作品で遊ぶ経験を通して
子ども達の心の中に、「おもしろそうだな」「たのしいな」「やってみたい」「また、あそびたい」などの気持ちが芽生え
それが根っことなり、今度は大きくなって自分たちが活動をする時に、活動に対して意欲や興味を持ち、
工夫する力、あきらめず試行錯誤する力、お友達と協力し成し遂げる力など……発揮する事でしょう
 
 
12月のお楽しみ会がありました。
♪やまのおんがくか♪の歌に合わせてうさきさんが登場し、色々な楽器を披露しました。
その後…なんと一緒に遊ぼうと紙コップをつなげて作った〝マラカス〟をプレゼントしてくれましたよ
振ると音が鳴ることにすぐに気づき、♪やまのおんがくか♪の曲に合わせて振りながら
みんなで楽しく歌いました。
 
0歳児  ~おはなしのくにで遊んだよ~
2020-12-28
作品展に向かっての活動で、3歳児さんから5歳児さんがたてわりグループになり
“ようこそ!おはなしのくに”をテーマに、お話の世界を、段ボールや廃品を使って製作していました。
 
出来上がって作品展が終ると、ホールでその展示作品で遊びました。
見た事のない廃材や素材、展示作品に興味津々のひまわり組さん……
「ヘンゼルとグレーテル」の作品では、廃材や大きな段ボールで作ってあるおかしの家にそっと入ってみると…
何だかワクワクsmiley
中にあるホットケーキのトランポリンに乗ってジャンプして高くなることを喜んだり、
壁に貼ってあるアイスクリームやチョコレート、ペロペロキャンディーを「なんだろう」と不思議そうに見たり
そっと触ったりして感触を楽しんでいましたよ
また「3びきのやぎのがらがらどん」では、橋の上にみんなで乗りました。
最初は慎重に乗っていましたが、乗ったり降りたりを繰り返すうちに楽しくなってきたようです。
お片付けの時間になっても、なかなか終わろうとしない程夢中になって遊びました。
お兄さん、お姉さんたちが一生懸命に作った“おはなしのくに”とても楽しかったよありがとう。
 
12月のお楽しみ会ではジュース作りをしました。
先生が透明のペットボトルを振ると…
あら!不思議!!
いちご、めろん、ぶどうなどのジュースに へんし~ん
早速一人一本ずつ持って、フリフリしてジュースを作りました。
お友達と交換したりして遊んだ後は、そっと冷蔵庫に片付けました。
それからは、おままごとをして遊ぶ度にジュースが出てきて
飲む真似をしたり、先生にも「飲んで」と持ってくる様子が見られています。