学校法人梅圃学園 認定こども園 梅圃幼稚園| 公式ホームページ|ばいほようちえん|福井県福井市|

qrcode.png
http://www.baiho.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
学校法人梅圃学園
認定こども園
梅圃幼稚園
〒918-8152
福井県福井市今市町46-23
TEL:0776-38-5811
FAX:0776-38-6812

──────────────────
457163
 

スタッフブログ

   
『スタッフブログ』のページでは

園の様子や子どものエピソード、まことの保育って何かな?等々

フレッシュな視点でレポートします
 

スタッフブログ

スタッフブログ
フォーム
 
作品展
2020-12-28
例年12月にある作品展に向けての活動は、3~5歳児の縦割りグループで行ってきました。
今年度は、新型コロナウイルスの影響があり、活動の持ち方自体を検討することから始まりました。感染予防のことも考えましたが、クラスの関係ができてきたこの時期に、異年齢の子ども達が一緒に活動をする経験や、お互いに刺激し学び合う経験をしてほしいという願いから、感染対策を徹底しながら、例年通り縦割りで活動することになりました。
 
3~5歳児さんの縦割りを6グループを作り、「ようこそ!おはなしのくに」をテーマに、各グループがお話の世界を作品として作ってきました。年長さんが、子ども達の意見を聞いて、「じゃあ、こうしようか」と意見をまとめたり、それぞれの学年でできることを振り分けたり、作り方を教えたり、出来上がったものを置いて一緒に遊んで、思い通りのものができた時には、歓声を上げて喜びあったり、作品作りを通して、たくさんの学びがありました。
 
実際に乗って動かせるおわんや、お腹の中で戦える鬼がいる『いっすんぼうし』、歩くと音のなる橋や迫力満点のトロルが登場する『3びきのやぎのがらがらどん』、引き戸の出口にお菓子いっぱいの家やびっくりバナナがある『ヘンゼルとグレーテル』、2人乗りの亀さんや大きな竜宮城、開けてびっくりの玉手箱で遊べる『うらしまたろう』に、小窓付きの玄関から入り、迷路やベッド、時計等で隠れんぼのできる『おおかみの7ひきのこやぎ』、実際に山を登り、穴に落ちると、宝箱探しやねずみに変身してダンスができるお部屋のある『おむすびころりん』と、子ども達のアイディアと工夫がたくさん詰まった作品達。自分達で作ったもので遊べる楽しさと、作ったものをお家の方にお話しする嬉しさを感じていました
 
3歳児 ~雪あそびをしました~
2020-12-04
雪の降る季節がやってきました
園庭にも少し雪の降った跡が残っています。
 
年少さんが、園庭で雪あそびをしました。
お外に出ると息が白いことに気が付いたK君。「口から煙がでるよ~」とお友達に伝え、ハーハーと煙を出して喜んでいました。
 
雪だるまを作ったり、雪を投げて雪合戦をしたり、やりたい遊びを存分に楽しみました。
小さな雪の玉を作って、かわいい雪だるまを作るお友達、雪の玉をどれくらい積み上げられるかな~と雪の玉を高く積み上げるのに挑戦をするお友達、雪山を作るのに、雪を運ぶ子、雪を山にする子と力を合わせて雪山を作るお友達といろいろです。
 
手袋を外して雪を触ってみると、雪の冷たさが手に染みる!!「つめたーい!!」「手がいたい~」と、雪の感触に驚いていました。初めて雪あそびをしたお友達もいたことでしょう。また雪が降ったら、雪あそびをしましょうね
 
2歳児 ~帽子を作りました~
2020-12-28
2歳児のたんぽぽ組のお部屋に、帽子屋さんがやってきました
帽子屋さんの帽子は、模様のない真っ白。そこで、子ども達と一緒に、帽子にスタンプを押して模様をつけることにしました。
 
波々のダンボールを丸め、うずまき型にしたスタンプ。
そのスタンプを好きな色のインクに押し付けて、帽子にポンっと押しました。
「ギューポンッ!!」と言いながら、スタンプを押すと、模様ができて大喜び!繰り返し繰り返し、スタンプ押しをしました。
自分の好きなようにスタンプを押して、世界にひとつだけのオリジナルの帽子を作りました。
 
出来上がった帽子は、被って鏡でチェック
「かわいいねぇ」「似合っているね~」と鏡を見たり、お友達と顔を見合わせたりして帽子の出来を確認していました。
帽子作り嬉しかったですね。
 
‛ばいほあきまつり'がありました!
2020-12-04
11月に行われる紅梅会(保護者会)主催のバザー、今年度は、新型コロナウイルス感染防止のため、バザーの開催はなくなりました。しかし、「子ども達が楽しめる催しを開催したい」と、紅梅会の三役さんが「ばいほあきまつり」を企画してくださいました。
 
ばいほあきまつりでは、幼稚園のホールに、わなげ・千本引き・ボーリング・ヨーヨーつりの4つの手作りブースでがありました。また、わなげとボーリングの景品には、紅梅会役員さんがペンダントと時計を作ってくださいました。ばいほあきまつりの当日は、紅梅会の三役さん(5名)もお店屋さんになって、あきまつりを盛り上げてくださいました。
 
子ども達は、ばいほあきまつりの用意ができると、前日から「早くおまつりに行きたい!」「明日楽しみだ~!」「今日は早く寝て、早く明日になってほしい!」とおまつりを心待ちにしてました。
 
当日、どのクラスのお友達も、ウキウキしながらおまつりの会場へやってきました。それぞれのコーナーでゲームを楽しみ、持ってきた袋がいっぱいになるほどの景品をいただきました。わなげでは、的をねらって輪をポイッと投げ、的に入ると「よっしゃー!」と喜ぶ子がいたり、お母さん方がパチパチと手をたたいて盛り上げてくださったりしていました。ボーリングでも、ボールをコロコロと投げることを楽しんだり、年中・年長さんになると、全部のピンを倒そうと、投げる位置を考えてチャレンジしたりしていました。千本引きで引き当てた玩具等や、ヨーヨーつりでとったお気に入りのヨーヨーをお友達に見せ合ったり、自分の玩具のおもしろいところを伝えたり、袋に入っているものをずっと見ていたりもしていましたよ
 
ゲームが終わったら、大きな封筒に入ったプレゼントをいただきました。何が入っているかは、お家に帰ってからのお楽しみプレゼントいっぱいになった教材バックを大事に抱えて、お部屋に戻っていくお友達でした。
 
ばいほあきまつりは大盛況!本当にありがとうございました。
 
1歳児 ~遊びが深まって、毎日楽しいね!~
2020-12-04
“ばいほあきまつり”に参加しました。
 
千本引きのコーナーでは、担当のお母様の説明をよく聞いて、ひもをひっぱると…
沢山つってあるおもちゃの中から1つのおもちゃが上に上がってきて「わぁ!」と大喜びでした。
また、ヨーヨーつりではビニールプールの中をよく見て「これこれ!」と気に入ったものを手に取ったり、
「どれにしようかな…」と迷いながら楽しむ様子が見られました。
自分のバックの中に入れてもらうとわくわくsmiley
とても嬉しい様子で、みんな覗いて見ていました。
最後にハートのブレスレットやキラキラのペンダントもつけて頂きました。
“ばいほあきまつり”とても楽しかったね
 
焼き芋パーティーを見学し、芋掘りのパネルシアターを見て
さくら組の手作りの畑からお芋を掘り、もっとおいしくしよう!とクレヨンで絵を描きました。
おいしくなるように、一生懸命描いていましたよ
 
避難訓練の後、消防車の見学をしました。
「はたらくくるま」の歌を歌っていて、車の名前を覚えだした所で
本物の消防車に興味津々の様子でした。
消防士さんにホースのお話をお聞きしました。
今後、大きな紙に赤い絵の具を塗りタイヤやホースをつけて消防車を完成する予定です。
楽しみだね