学校法人梅圃学園 認定こども園 梅圃幼稚園| 公式ホームページ|ばいほようちえん|福井県福井市|

qrcode.png
http://www.baiho.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
学校法人梅圃学園
認定こども園
梅圃幼稚園
〒918-8152
福井県福井市今市町46-23
TEL:0776-38-5811
FAX:0776-38-6812

──────────────────
464380
 

スタッフブログ

   
『スタッフブログ』のページでは

園の様子や子どものエピソード、まことの保育って何かな?等々

フレッシュな視点でレポートします
 

7月の活動の様子(3~5歳児)

7月の活動の様子(3~5歳児)
 

7月の活動の様子(0~2歳児)

7月の活動の様子(0~2歳児)
 

6月の活動の様子(3~5歳児)

6月の活動の様子(3~5歳児)
 

6月の活動の様子(0~2歳児)

6月の活動の様子(0~2歳児)
 

スタッフブログ

スタッフブログ
フォーム
 
はじめましての会・入園式
2021-04-05
あたたかな春の陽気の中、4月6日にはじめましての会と入園式がありました。新型コロナ感染症対策として、園児と保護者の方は1名の参加、体調調べカード、園内に入るときは検温や手指の消毒などをお願いしました。
 
はじめて入るお部屋にこどもたちはうれしそうにニコニコしたり、おうちの方と楽しそうに話をしたり、ちょぴっりドキドキしたりとそれぞれの表情が見えましたsmiley
 
はじめましての会は、仏様へのご報告のお参りをして、園長先生からお話がありました。次に職員紹介、先生達からの出し物がありました。
入園式は入園を仏様へご報告するお参りをして、園長先生からお話がありました。次に紅梅会会長の渡邉晴菜様からご祝辞を頂きました。最後に職員紹介と先生達からの出し物がありました。はじめましての会も入園式もこどもたちは緊張をしていましたが、先生たちからの出し物が始まると、一緒に歌を歌ったり手遊びをしたりととても楽しそうでした✨
 
はじめての集団生活の中で戸惑ったり、どうしたらいいかなと思う子も幼稚園には優しい先生やお友達、お兄ちゃん、お姉ちゃんが助けてくれます!!安心して子ども達を送り出してあげてください。
 
お家に帰った時には、しっかり抱きしめて、お子さんの声に耳を傾けてくださいね。
 
卒園式
2021-04-05
令和3年3月18日、第65回の卒園式がありました。
新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、年長児と保護者1名で卒園式を行いました。
 
卒園証書授与の時、子ども達一人ひとりがステージに上がり、名前が呼ばれたら、返事をして、卒園証書をいただき、まっすぐにお家の方が待っているところに持っていきました。そして、「ありがとう」の言葉を添えて、お家の方に証書を渡しました。証書をもらう子ども達は、きりっとしていて、とても立派でした。お家の方も嬉しそうでしたね。
 
その後、園長先生や紅梅会会長様からお話をいただき、祝電も披露されました。年少、年中の子ども達と先生達からは、年長さんへ言葉のプレゼントがあり、映像で流されました。運動会で一緒に練習したこと、いろいろ教えてもらったこと、作品展で一緒に活動したこと、手をつないでくれて嬉しかったこと等、心のこもった言葉のプレゼントでした。年長さんもじっと画面を見つめていました。年長さんからは、幼稚園での思い出がつまった言葉もありました。大きくなった年長さんを送る、厳かで温かな卒園式になりました
 
年長さん、ご卒園おめでとうございます!これからもずっとずっと応援していますよ
 
2歳児外あそび
2021-04-01
春の足音が確かに聞こえてきたこの頃、天気がいい日は、園庭やわくわくひろば(第二園庭)で身体をいっぱいに動かして、子ども達は遊んでいます。
 
雲ひとつない青空の元、園庭から2歳児さんの元気いっぱいの声が聞こえてきました。
お友達と一緒に走ってみたり、みんなで一緒に滑り台を滑ったり、好きな遊びを楽しみました。
 
園庭にある河津桜は、蕾を膨らませ、所々にピンク色の花を咲かせています。お花を発見した2歳児の女の子は、温かな風に揺れる花をじっと見つめていました。桜が満開になるのが楽しみですね。
 
0歳児  ~おおきくなったよ!~
2021-03-23
ぽかぽかと暖かくやわらかな光が降り注ぐ気持ちのよい季節になってきました。
 
3月のお楽しみ会では,ひまわり組さんに電車がやってきました。
運転手さんが「おきゃくさんはいませんか?」と聞くと…
ちょうちょさん、へびさん、かえるさんが順番に乗ってきました。
運転手さんが「つぎにのるおきゃくさんはいませんか」と聞くと…あれれ?誰もいません。
そこで、「でんしゃにのりたいな!」とお友達みんなで言うと、段ボールで作ったカッコイイ電車がやってきました。
1人1両ずつ電車に乗り、“おさんぽポッポー”の歌に合わせてお部屋や廊下を走りました。
横についている紐をしっかりと持ってとても上手に運転していましたよ
 
お散歩に行って戻ってくると…
あら、大変!お部屋が新聞紙だらけになっていました。
そこで段ボールで作ったクイックルワイパーが登場
みんなで力を合わせてお掃除する事にしました。
お家の方がされているのをよく見ている事もありとっても上手に使っていましたよ…
終わったら立てかけていたり隙間に差し込んでいました。
普段の様子をよく見ているのですねsmiley
 
進級の時期が近づいてきました。
そこで、1歳児の部屋でおやつを頂きました。
おもしろそうなおもちゃや違う椅子にみんな興味津々の様子でしたよ。
小さかったひまわり組さんのお友だちが、この一年で心も体もぐ~~んと大きくなりました。
これからも楽しみですね
 
5歳児 ~お別れ遠足~
2021-03-12
年長さんが、お別れ遠足として、園長先生のお寺あわら市の『浄光寺』へ出かけました
 
梅圃幼稚園は、もともとは毛矢町にあった浄光寺のお説教所を幼稚園にして始まりました。幼いころから手を合わせ、ほとけの子を育む場にしたいとの先代の思いから出発した幼稚園で、その思いは約60年経った今にも繋がっています。卒園する年長さんには、一度は、梅圃幼稚園の母体である浄光寺に来て、一緒にお参りをしたり、開祖、親鸞聖人やお寺のお話を聞いたりしてほしいとの願いがあります。
 
浄光寺についた子ども達は、お花やお灯をお供えし、お参りをしました。広い本堂で心静かに手を合わせ、いつものように皆が仏様のほうに向いてお参りをすることができました。その後、園長先生から、仏様がいらっしゃるお部屋(お内陣)の中の話や、親鸞聖人の生涯について紙芝居のような絵画を見ながら教えていただきました。ゆったりした時間が流れました。
 
その後は、お楽しみのお弁当タイムクラスごとに集まり、みんなで一緒にお弁当をいただきました。この日が幼稚園最後の手作り弁当の日ということで、お母さんからお手紙が入っていた子がいました。「お母さんのお弁当を食べてくれてありがとう」の言葉にとても喜び、お弁当を食べている間中、水筒にその手紙を貼って眺めていました。お家の方が一生懸命に愛情込めて作ってくれたお弁当、とても美味しかったですね。また、お弁当の後は、年長さんが発表会で演じた「ピノキオ」と「おしゃべりなたまごやき」にまつわるゲームをしました。本堂を走りまわりながら、笑い声があちらこちらから聞こえてきました。最後は美味しいおやつのジュースもいただきました。
 
年長さん最後のおわかれ遠足、とても楽しかったですね。皆で過ごした時間がこれからも心に残っているといいなと思います