学校法人梅圃学園 認定こども園 梅圃幼稚園| 公式ホームページ|ばいほようちえん|福井県福井市|

qrcode.png
http://www.baiho.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
学校法人梅圃学園
認定こども園
梅圃幼稚園
〒918-8152
福井県福井市今市町46-23
TEL:0776-38-5811
FAX:0776-38-6812

──────────────────
437749
 

スタッフブログ

   
『スタッフブログ』のページでは

園の様子や子どものエピソード、まことの保育って何かな?等々

フレッシュな視点でレポートします
 

スタッフブログ

スタッフブログ
フォーム
 
家族の日参観
2018-06-29
6月23日(土)、家族の日参観がありました。
 
3~5歳児の子ども達は、南体育館で家族の日参観をしました。
 
お友達は、始めにお家の方と仏参をしました。大きな体育館でのお参りでしたが、いつものように、気持ちを落ち着かせてお参りすることができました。
また、お家の方へ作ったプレゼントも渡しました。お家の方、喜んでくれて嬉しかったですね。
 
さて、集会が終わった後、3歳~5歳児さんは、立つ・座る・食事の姿勢、歩き方などの正しい姿勢を教えて頂き、姿勢を整えるストレッチ運動を親子でおこないました。背中を伸ばしたり、体幹を鍛える体操をしたり、のびのびと体操することができました。
 
背中が曲がっていると、呼吸が浅くなり、脳に酸素が十分に行き渡らなくなり、ぼんやりしてしまうことがあるそうです。ふらふらせずにまっすぐに座ったり立ったりするには、それを支える筋肉が必要だとか。思い切り身体を動かして遊ぶことで、その力がついていきます。園でも楽しく遊んで、元気な身体を作っていきましょう。
 
参観にご参加くださった皆様、ありがとうございました。
 
0~2歳児 家族の日参観
2018-06-29
0~2歳児の子ども達は、幼稚園で、家族の日参観をしました。
 
お父さんやお母さん、おじいちゃまやおばあちゃまに来ていただき、動物さんになって親子でふれあいながら身体を動かしました。
 
おサルさんはぎゅっと抱っこ、へびさんは、お家の方の膝の上に子ども達が腕をピンとのばして座り、腕を左右くねくねと動かしました。カンガルーさんは、お家の方のお手手ポケットに入ってジャンプ。お家の方とふれあいながら、体を伸ばしたり、動かしたりして体操することができました
 
お家の方とたくさんふれあえて、また、お家の方も身体を伸ばして体操することができて、とても気持ちのいい時間を過ごすことができましたね
 
あじさい見学
2018-06-29
3~5歳児の子ども達が、鯖江市にある大谷公園へ、あじさい見学に行きました
 
6月を彩るあじさいを、縦割りで見に行くのは、幼稚園の恒例行事です。
縦割りで交流することや、しっかり歩くこと、また、あじさいの花を実際に見ることで、季節を感じられるといいなと思っています。
 
自分の顔より大きなあじさいに驚く子、「ふわふわキレイだね。」と花を優しく撫でる子がいました。
その後、すべり台などで遊んだり、走ったり、お花や実を見つけたり、とても楽しい時間を過ごしました。
 
6月の雨がよく似合う紫陽花、カエルさんやカタツムリさんが大好きな紫陽花、皆も好きな紫陽花、きれいでしたね。
 
テラス
2018-06-29
1歳児クラスのさくら組さんとちゅーりっぷ組さん、お天気のいい日は、テラスで遊んだり、お散歩をしたりします。
 
ある日、さくら組さんのテラスには、カナブンさんが遊びにきました。
黒くて背中がピカピカ光るカナブンさんに、子ども達は興味深々。
お友達と一緒にじっとながめ、カナブンさんの様子をうかがっています。
息をふーっとふきかけて、動き出したカナブンさんに子ども達からは歓声があがっていました。
 
ちゅーりっぷ組さんは、ゴーゴー(お散歩車)に乗って、テラスをお散歩しました。
途中、年中さんが植えたトマトの苗を見ました。
青い葉っぱには、青い小さな実が。生長が楽しみですね。
 
暖かな日差しと心地よい風に吹かれて、とても気持ちがよかったですね。
 
渕上交通安全教室
2018-06-01
5月29日、年長さんは福井市地域交通課の指導員による渕上交通公園交通安全教室に出かけました。
また、やまびこクラブのお母様方も教室に来てくださり、車にみたてた自転車に乗って、子ども達が道路を割る練習のお手伝いをしていただきました。子ども達は、道路の歩き方や渡り方を実際に体験しながら学ぶことができました。
 
福井県は、チャイルドシートの装着率が「全国ワースト1」だそうです。
子どもがチャイルドシートに乗っていなくて、衝撃で飛んでしまい大怪我をしたという事案もあったそうです。
装着率が悪い理由の一つとして、「ご両親の車にはチャイルドシートが付いていても、祖父母の車には付いていないからではないか」ということでした。子ども達の命には代えられません。お子さんを車に乗せる時は、必ずチャイルドシートを装着しましょう。
 
年長さんは来年から小学生になります。
今日体験したことを、これからの生活の中でも役に立ててほしいなと思いました。