学校法人梅圃学園 認定こども園 梅圃幼稚園| 公式ホームページ|ばいほようちえん|福井県福井市|

qrcode.png
http://www.baiho.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
学校法人梅圃学園
認定こども園
梅圃幼稚園
〒918-8152
福井県福井市今市町46-23
TEL:0776-38-5811
FAX:0776-38-6812

──────────────────
442524
 

スタッフブログ

   
『スタッフブログ』のページでは

園の様子や子どものエピソード、まことの保育って何かな?等々

フレッシュな視点でレポートします
 

スタッフブログ

スタッフブログ
フォーム
 
3歳児 もも組さん
2019-02-15
『くれよんのくろくん』
 
大好きな『くれよんのくろくん』の指人形劇を見て、一緒に歌をうたったり「ぐるぐる」と掛け声を言って盛り上がっていたもも組さん。絵本と同じように、まずクレヨンで絵を描き、その上からぐるぐると色を塗り、更に黒で塗りつぶし、シャーペンで削って花火をつくりました。そのおもしろさに「すご~い!」と声をあげながら楽しんでいました。
 
くれよんに変身して、歌をうたったり、絵を貼って頭を動かし描く真似をしたりしました。歌の振り付けは「こうやってするのはどう?」と子ども達から様々なアイディアがでてきました。貼りつける絵も自分たちで描きたい絵を考えて色を塗りました。
 
「真っ黒になるからダメ」となかなか描かせてもらえなくてしょんぼりするくろくん。でも最後にくろくんが真っ黒に塗りつぶしてくれたおかげで、素敵な花火ができました。大きな花火が出来上がり、「やった~!」とみんな大喜びしていました。
 
くれよんの指人形に、ブロックでお家や遊び場を作ってあげたり、電車や車に乗せて室内をはしらせたり…子どもたちはお話の世界を楽しんでいました。また、絵の具や色鉛筆でも花火を作ってみようと試してみましたが、シャーペンで削ることができなくて「やっぱりくれよんはすごい!」とますます張り切ってくれよんを演じています。当日は大きなステージでドキドキしてしまうかもしれませんが、温かいご声援をよろしくお願いします。
 
3歳児 ゆり組さん
2019-02-15
『ぐりとぐら』
 
ぐりとぐらのお話劇場を見たゆり組さん、お話を見終わると「ぐりとぐらみたいに大きなカステラ食べたい!」という声があがってきました。
 
早速、カステラを作る材料を探しに行きました。大きな材料を見つけ、皆で力を合わせてお部屋まで運びました。しかし、大きなフライパンが見つかりません。そこで子ども達と話し合いをし、フライパンを自分たちで作ることにしました。
 
作品展の経験を活かして、ガムテープを切る子、貼りやすいように支えてあげる子と自分のできる事を見つけて大きなフライパンを作りあげました。
 
「どうやったら大きなカステラができるかな?」「隠し味に元気なお歌を歌うといいんじゃない?」と自分達で考えたり、歌の振り付けは「こんなのはどう?」と様々なアイディアが出たりしました。また、遊びの中でカステラを作り、子ども達がぐりとぐらになりきって絵本と同じような台詞を言う姿が見られました。遊びの中で出てきた台詞をそのまま劇遊びの中に取り入れました。
 
「大きいカステラが食べたい!」「お友達にもあげたい!」という気持ちでゆり組のみんなで力を合わせてカステラ作りをしました。当日は、たくさんのお客さんの前でドキドキしてしまうかもしれませんが温かいご声援をどうぞよろしくお願いします。
 
表現遊びを楽しもう
2019-01-18
梅圃幼稚園では、毎年2月にハーモニーホール小ホールにて生活発表会を行います。
表現したり、お友達と力を合せたりする楽しさを感じる中で、協働性や社会性、規範意識、豊かな表現等、各年齢や一人一人の子ども達に応じ、様々な育ちを願って取り組みをします。
 
2歳児は表現遊び、3歳児は歌遊びと劇遊び、4歳児はおゆうぎと劇遊び、5歳児は劇遊びと歌や合奏に取り組みます。
 
劇遊びでは、自分たちで役割を決め、お部屋やホールでなりきって楽しんでいます。
劇遊びが進むにつれて、「強く見えるには、こうしてみようか」「ここは心配している気持ちだから、しょんぼりしてみよう」「おじいさん、おばあさんは、腰が曲がっているほうがおじいさん、おばあさんに見えるかな」など、アイディアを出しあって各クラス独自の作品ができています。
0歳・1歳児さんは、ホールで演じている様子をみて、一緒に手をたたいたり、身体を動かして、楽しんでいます。お部屋でもできることが増えてきて、お友達と一緒に絵本を見たり、好きな遊びにじっくりと取り組んでいます。
 
各クラスどのような舞台になるか、お楽しみに!
 
お正月遊び
2019-01-18
玄関のカキツバタが赤い花をつける頃、例年には珍しく雪のない1月を迎えました。
3学期が始まり、子ども達の元気な声が幼稚園のあちらこちらから聞こえてきます。
 
自由遊びの時間、子ども達はお正月遊びをして盛り上がっている様子です。
 
手作りのすごろくや、羽子板、駒回し、かるた…
 
羽子板でお友達とボールをうまく投げられるように、何度もチャレンジするお友達
「犬も歩けば棒にあたる!」読み札を覚えている、かるた名人のお友達もいましたよ。
 
3学期始業式
2019-01-07
冬の預かり保育や冬休みが終わり、1月8日(火)幼稚園では3学期の始業式がありました。
3~5歳児の子ども達は、仏参をした後、副園長先生のお話をお聞きしました。
 
2学期の終業式の時、子ども達は3つのお約束をしました。
 
1.ごあいさつをしましょう。
年末年始は、その時期ならではのご挨拶があります。「よいお年を。」「よいお年をお迎えください。」や「あけましておめでとうございます。」等です。普段の「おはようございます。」等の挨拶と同じように、気持ちのよいあいさつを心がけましょう。
 
2.お家のお手伝いをしましょう。
新しい年を迎える前は、お家の大掃除をすると思います。お友達も家族の一員です。おもちゃのお片づけをしたり、お洋服のお片づけをしてもいいと思います。自分の出来ることを見つけ、お家の方のお手伝いをしましょう。
 
3.交通事故に遭わないように、道路や駐車場ではお家の方と手をつなぎましょう。
お休みの間、お出かけする機会も増えると思います。広い駐車場からお店に入る時には、必ずお家の方と手をつないで歩きましょう。幼稚園の駐車場や道路でも同じです。運転席から子どもの姿はとても見えにくいです。事故に遭わないように気をつけましょう。
 
副園長先生が、お友達に3つのお約束を守れたか聞いたところ、子ども達から「ぞうきんでお家のお掃除をしたよ!」「お家に来た人にご挨拶をしたよ!」などのお話が聞けました。
 
子ども達の元気な姿を見れて、とても嬉しかったです。3学期も、元気いっぱい幼稚園に来て下さいね。