学校法人梅圃学園 認定こども園 梅圃幼稚園| 公式ホームページ|ばいほようちえん|福井県福井市|

qrcode.png
http://www.baiho.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 
学校法人梅圃学園
認定こども園
梅圃幼稚園
〒918-8152
福井県福井市今市町46-23
TEL:0776-38-5811
FAX:0776-38-6812

──────────────────
440566
 

スタッフブログ

   
『スタッフブログ』のページでは

園の様子や子どものエピソード、まことの保育って何かな?等々

フレッシュな視点でレポートします
 

スタッフブログ

スタッフブログ
フォーム
 
まつグループ
2018-11-30
ヘラクレスオオカブトをつくることになったまつグループさん。
みんなで「ヘラクレスオオカブトとどんなことをして遊びたい?」と話し合いを始めました。
図鑑を見ると、ヘラクレスオオカブトのつのはとっても長いということにことに気付いた子ども達。
「背中に乗って、つののところを滑りたい!」と言う気持ちから、すべり台に決定しました!
 
サイズの揃ったダンボールを見つけ、それを土台にすることに決まりました。いくつ組み合わせるとちょうどいい大きさになるのか、みんなで考え、12個に決定しました!
 
組み立てた階段の上に段ボールを置いて、滑ることが出来るか実験をしましたが、上手くいきません。
試行錯誤の末、隙間が空いている所に新聞をつめて固くした箱を入れる事にしました。
 
かぶとむしのつのの色を表現するのに、黒い布を使いました。しかし、上手く滑りません。そこで、お弁当のシートで芝山を滑ったことを思い出し、ビニールを敷いて滑ってみましたが、やはり上手く滑りませんでした。色々やってみた結果、紙袋で滑ることに決まりました!
 
「自分達もかぶとむしになってみたい!」という気持ちから、つのの帽子や、羽を作ることにしました。みんなでアイディアを出し合って、「こんなやり方もあるよ!」「すごい!私もやってみよう!」などと、お互いに認め合ったり、真似し合ったりしながら、個性豊かな変身グッズができました。
 
まつグループみんなの思いや、工夫がたくさん詰まった、素敵なすべり台になりました。
 
作品展にむけての活動
2018-11-16
年少~年長組を縦割にした なかよしグループの活動が始まり、学年を超えた関わりがより増えてきました。
12月にある作品展の作品は、このなかよしグループで製作をしていきます。
 
昨年度より、子ども達がより主体的に対話的に深い学び(アクティブラーニング)ができる機会をつくろうと、年長さんがテーマを決める所から活動は始まりました。自分の思いを言葉で伝えたり、お友達の考えに耳を傾けたりといった話し合いを通して、皆が「いいね~!」と賛成するテーマを決めることができました。その後のグループ活動の中でも、年長さんが他の学年のお友達に作品のイメージを話したり、製作を進める中心的な役割を担ったり、周りの子を気遣ったり、いろいろな場面で活躍していました。「自分達で決める」ことが、活動への意欲に繋がっているのだと思います。また、年少組や年中組の子ども達も、お兄ちゃんお姉ちゃんのやっていることを見ながら、真似をしてやってみたり、廃材に興味をもって活動に参加したりしました。
 
各グループの取り組みは、次項以降にのせます。どうぞご覧ください!
 
焼いもパーティー
2018-11-10
年長さんが植えたサツマイモの苗が大きくなり、収穫の時期を向かえました。
 
10月には、サツマイモ掘りに出かけ、たくさんのお芋を収穫しました。
大小形が様々なお芋は、カゴ一杯になりました。子ども達は、自分で掘ったお芋を満足気に眺め、とても嬉しそうなでした。
 
そのお芋を使って、幼稚園では焼き芋パーティーが開かれました。
 
子ども達は、自分達で獲ってきたお芋を、タライに水をはり、きれいに洗いました
年中さんのお友達も一緒になってお芋を洗うお手伝いをしました。
 
きれいになったお芋は、給食室で蒸して頂き、子ども達一人一人がアルミホイルに包みました。
「美味しくな~れ」と、お芋にギュッギュッと力を込めていました。
 
煙突から煙がモクモクと立ちこめる温かいもみ殻の中に、アルミホイルで包んだお芋を入れました。
「美味しくな~れ、美味しくな~れ」と気持ちを込めて、お芋をもみがらの中に入れていきました。
 
アルミホイルが少し焼けたくらいに、焼き芋はできあがりました。
「今まで食べたお芋の中で1番おいしかった!!」というお友達がいるくらい、お芋はホクホクで甘くて美味しかったです。
 
秋の味覚を堪能できて、嬉しかったですね。年長さん、ありがとう
 
毛矢の繰り舟
2018-11-02
年長さんが、毛矢の操舟体験をしました。
 
操舟は、昔、お殿様やお姫様がお城に行くために使ていたものだそうです。昔の交通手段だったと知り、子ども達は、驚きの表情を見せていました。
早速、グループ毎に舟に乗りました。船頭さんが長い棒で舟の底を押すと、舟が動きだしました。だんだん沖へ進むにつれ、お舟は、ゆらゆらと揺れました。水に浮かぶ心地よさを感じたり、お外の景色を眺めたり、とても気持ちの良い水上散歩を楽しみました。また、川の水はとても透き通っていて、川底の様子も見ることができました。途中、魚が見えると、子ども達は、声をあげて喜んでいました。
 
普段なかなかできない貴重な体験ができて、嬉しかったですね。
 
2歳児どんぐり拾い
2018-10-26
秋晴れの☀とても気持ちがいいお天気の元、2歳児クラスの子ども達が、北部第三公園にドングリ拾いに出かけました
 
このドングリ拾いのために、子ども達は、牛乳パックを切り、模様をつけたドングリバッグを作りました。
ドングリバックを肩からかけて、子ども達はわくわくしながらドングリ拾いに出かけました。
 
北部第三公園には、たくさんの、色々な種類のドングリが落ちていました。
「まぁるいのがあったよ!」
「細いのもあったよ!」
形の違いに気がつきながら、子ども達は、バッグいっぱいにドングリを拾っていました。
たくさんのドングリを見つけられて嬉しかったね